あなたのお店は有名店ですか?

【そもそもあなたのお店は知られてない】

私がお店を経営していてこのことに気づけたことが一番良かったと感じています。

「自分のお店なんて誰も知らないんだぁー」

こう思えることでいろいろな戦略が生まれてきます。

 

だって知らなければ知らせればいいだけなので。

 

でも、お店が繁盛していない方はどこかで

 

「自分のお店は、結構有名だから知られている」

「昔から営業しているから知られている」

「結構宣伝もしてるし知られている」

 

とどこかで思っています。

私も思っていました。

 

でも、それってそもそも間違えなんですよ。

私の経営していてる石巻は人口約14万人。

美容室は、約1000件くらい。

 

さぁー、皆さんは1000件の美容室を覚えられますか?

 

と、いうより1000件のお店の存在を知っていますか?

しっていたら、よっぼどの天才か暇かのどちらかです。

それが、飲食店でも歯医者でもマッサージ屋でも同じ。

 

覚えてないどころか、あなたのお店すら知られていないのです。

これは、僕が実際にある方とお話をした例を幾つかご紹介します。

 

お客様

「笹原さん、先日美味しいピザ屋さん見つけたんですよ。

そこは生地にもこだわっていて数種類のチーズをブレンドして

作ってるみたいですごく美味しかったんです」

 

「どこにあるんですか?そんなに美味しいなら知ってるお店かも」

 

お客様

「いや、私も友人から聞いて初めて知ったんですがもう20年くらいやっているみたいなんです。あんなに

美味しいお店なのに知らなかったのもったいなかったですね。ここにあります」

 

「こんなとこにあったんだぁー!今度行ってみます」

 

私は石巻に住み初めて15年になります。それでもこのお店の存在すら気づきませんでした。

20年以上も営業してるんですよ!全く知りませんでしたよ。

 

そのお店がよっぽど繁盛しているなら知ることもできたと思います。

残念ながらそのお店は美味しいのに繁盛してるとは言えなかったです。

 

それは、僕と同じ人が沢山いるから。

私は食べ物に興味がないわけではありません。むしろ食べるのも飲むのも大好きです。

それでは、このことに気づかない時の私の店の会話の例を紹介します。

 

お客様

「今日はいきなり来てしまってすいません。

こんなに目立つ建物なのに美容室があるなんて気付きませんでした」

 

「結構、この辺は来るんですか」

 

お客様

「毎日、ここ通るんです。でも全然知りませんでした。」

 

正直、かなりショックでした。だって、自分のお店結構有名かなと思っていたので。

 

でも、こういった会話を立て続けに聞いていくとあるヒントが生まれてきます。

自分のお店なんて誰も知らないんだぁーって。

 

じゃ、自分の技術がダメではなくてただ知られていないだけなんだと気づけることができました。

多くの経営者は、お客様が来ないのは自分の技術が悪いのでは?接客が悪いのでは?

とそういった勉強ばかりしています。

 

でも、いくら技術が良くても接客が良くてもあなたのお店が

そもそも知られていなければお客様が来ることは

絶対にありえません。

 

まず、繁盛させる第一はあなたのお店はここにあるということを知ってもらうことが大事になってきます。

 

あなたの技術は一流なはずです!だからお客様はかわいそうなんです。

 

だって、あなたのお店に行きたいという欲求があるのにあなたのお店の存在を知らないのですから。

私は、いつも考えてました。

お客様の悩み、欲求を満たせる美容室は私の店しかないのに

お店のことを知らないからそのお客様は悩みを解決できずに

また無駄にお金をかける。

 

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、私はそのくらい他店に負けない自信があります。

この本を、買っていただいた方たちもきっとそういった考えの方ばかりだと思います。

だから、世の中の人たちにまずお店の存在を知ってもらうことから始めなければなりません。

 

ですから、多くの美容室が繁盛してこの業界が変わればなと思い、

こちら

でリピート率90%の秘密について無料でプレゼントしています!