説明することの大切さ

僕や仲間たちが仕事をする上で心がけていること。

 

 

それは、説明することなんです。

 

なぜなら説明する、しないで商品というのは良い悪いに変わるということ。

 

美容師でも他業種でもわかると思いますが良い商品ってあまり世に出ていないんですよ。

むしろ悪い商品の方が世に出ていて人気があって良いと思って使われている。

そう!

説明次第では悪い商品でも良い商品に変わるわけ(笑)

 

シャンプーのCMなんか良い例ですよね。

中身なんて100円未満、むしろ宣伝広告、入れ物の方がお金がかかっているのに

宣伝のキャッチフレーズ、説明、人気モデルなんかにやられちゃってる(笑)

しまいには髪の調子が良くなったと錯覚している。

 

それだけならまだしも美容師自体も愛用している・・・・

別にそれが悪いとは言いませんよ。

それでは本題。

僕は美容師だから美容師目線でお話ししますよ。

でもどの業種にも言えることなのでこのまま読み進めてくださいねー。

 

僕は美容師に優劣なんて余りないんじゃないかなーって思ってるんですよ。

もちろん、僕よりも技術が上手い人なんてかなりいると思いますし

僕よりも劣る人もいると思います。

もっと言えば、僕よりも経験が浅く技術も僕よりも劣るけどお客様に支持されているのは

上というのもあります。その逆もあるってことです。

僕なんてそんなにたいしたことない!これはマジで思ってます。

でも、上手い人がお客様に指示されるか!というとそうでもないんですよ。

 

それが説明なんです。

説明する理由

売り手側にとって当たり前のこと

これは説明しなくても良いだろう・・・

と思っていることこそ本当は買い手側の知りたい情報だったりするものなんですよ。

そう!

これは知っているだろう!   という考えがお客様目線ではない。

だってお客様は素人なんです!

あなたが、美容師で料理のことわかりますか?

車の構造がわかりますか?

家の建て方わかりますか?

お客様は何も知らない!と思って対応すれば自ずと説明したくなってきます。

そして、お客様から見たあなたは尊敬の眼差しに変わります。

だって、本当に知りたかったことを教えてくれるしそんなことをする美容師もいない

ってことなんです。

誰もやらないことをやるって難しいようで簡単なんです。

あなたの知識をそのまま伝えるだけ!たったそれだけでいんです。

だから、自信を持ってください!

あなたの知識を求めている方はたくさんいますよ。そして多くのお客様の悩みを

解決してあげてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

Facebookの申請はお気軽に

https://ja-jp.facebook.com/hekaru.sasahara